Twitterはじめました

相変わらずの更新のできなさにツイッターをはじめました。 感想をまとめる時間がないので、とりあえずなんとなく つぶやいておこうかと。 観劇はいっぱいしているので追いつかなすぎる状態なのですね。 表示はブログの右側下にあります。 この表示もいまひとつなんですが、いじくりまわす時間がないので おいおい変えて行こうと思ってます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 NINE

観てきました! 待ってたんですよ~。 Based the Broadway musical とクレジットされてた通り、 ベースになったのがミュージカルのNINEです。 だからだいぶ変わってました。 映画は割と地に足のついた作りになってました。 最初のコーラスシーンはぞくぞくしましたよ。 ゴージャスなシーンがたくさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルカンパニーです。 平田満さんと井上加奈子さんの企画っていうのかな。 蓬莱竜太さんの脚本です。 思い立って当日券にチャレンジしました。 ベンチシートでしたが見れてよかった。 上演時間も1時間15分とベンチシートにはありがたい時間。 出演者は4人、家族で温泉旅行に出かけたときの出来事です。 この間みた、蓬莱さんの脚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵器のある風景

いいもの観たと思います。 途中一部気が遠くなりましたが。 躁鬱傾向があり、幼児性が強いけれど、天才的エンジニア、ネッド。 つきあいにくい男と言われている。 自分が開発した無人探査機が兵器として使われ、商品として取引されることに 気が付いていなかったはずはないけれど、そこから目をそむけてきたのか、 兄ダンからの真正面の指摘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘンリー六世 続き

やはり短くしたのと、役者さんが違うので印象がかなり違います。 吉田鋼太郎さんはさすがのヨーク公。 ものすごく強いですが、吉田さんとマーガレットを演じる大竹さんも 同じくらい強いので、ちょうどよかったです。 ヨーク公がマーガレットにいたぶられるシーンなんて、 お互いに吠えまくってます。 誇張してませんよ。本能のままに吠えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘンリー六世

新国立とはかなりテイストの違うものになってました。 ヘンリー六世って面白いんですね。 どっちを見てもそう思うけど、見るほうも演じるほうもとっても大変。 あちらがモノトーンだとすると、さい芸は極彩色とでもいうような違い。 そして時間を短くしているので、 初めて観る人には人物の相関図を理解するのが大変な気がします。 人物の関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘンリー六世 観劇情報

コーストと新国立のヘンリーも見た私。 長時間観劇のプロになりそうですよ。 本日はさい芸のヘンリー六世観劇してきました。 感想は別にアップします。 3部を2部にしたとは言え、休憩入れて8時間30分です。 覚悟してのぞんでください。 コーストと新国立のヘンリーは両方とも最前列だったので、 座席の間隔は気にならな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more